关注微信领¥50

百门课程¥0元


80万+已关注

全国面积最大的无人书店深圳开业 “黑科技”很抢眼

2018-07-20 17:52:00来源:网络

  日语学习不能一蹴而就,需要不断练习,深化记忆,加强对日本语言习惯的理解和运用能力,新东方在线整理了中日双语新闻,供参考学习。

  无人书店、人脸识别、移动支付,这样的黑科技出现在一家书城,你会不会很惊喜呢?这些场景就在深圳书城龙岗城实现了!7月18日下午,深圳书城龙岗城正式开门迎客。

  無人書店、顔認証、モバイル決済。このようなハイテクが書店で導入されることは、喜ばしいことではないだろうか。このような光景が、深セン書城竜崗城で実現された。18日午後、深セン書城竜崗城が正式に開店した。

  深圳书城龙岗城通过大数据应用、移动支付、人脸识别等最新科技手段推出深圳首家“无人”书店以及全方位的智能服务。书城内最受关注的“无人书店”名为阿布e无人书店。它坐落于书城一楼北区,不仅是深圳首家智能无人书店,更是全国面积最大的无人书店,其使用面积达178㎡。作为龙岗书城智能化建设的七大智能生态之一,阿布e无人书店注入了丰富的科技元素,拥有全智能无人购书系统,读者可扫码入店,并通过物联网智能识别技术精准定位图书,在结账时感应所选图书,微信扫码支付即可“一键买单”。

  深セン書城竜崗城はビッグデータ応用、モバイル決済、顔認証などの最新のテクノロジーにより、深セン初の無人書店と全面的なスマートサービスを提供した。中でも最も注目されている無人書店は、「阿布e無人書店」と呼ばれている。書城1F北エリアに位置する深セン初のスマート無人書店であり、全国で面積が最大の無人書店でもある。その使用面積は、178平方メートルにのぼる。竜崗書城スマート建設の7大スマート生態の一つである阿布e無人書店は、多くのハイテク要素を取り入れており、全スマート無人購入システムを持つ。読者はコードスキャンで入店し、IoTスマート識別技術により欲しい本を正確に選ぶ。決済時に選んだ本がすべて感知され、微信(WeChat)のスキャン決済で「ワンキー購入」できる。

  此外,书店还有智能广告机、智能水吧、门禁识别系统、商品展示管理系统等目前国内同类文化综合体中最先进的全套智能购物和营销设备,为读者提供更前沿、更便利的购书体验。

  さらに、書店内にはスマート広告機、スマートウォーターサーバー、入口警備・識別システム、商品展示管理システムなど、国内の同類文化コンプレックスの中で最も先進的なフルスマートショッピング・マーケティング設備があり、より先進的で便利な購入体験を読者に提供する。

tax GDP gdi gct GCK GC

  中日双语新闻包含中文与日文对照,对日语入门及强化都有所帮助,更多日语学习资料请持续关注新东方在线日语学习网。

本文关键字: 日语新闻 双语阅读

更多>>
更多课程>>
更多>>
更多内容